鑑定士からスペインで日本語教師になるまで。続き

鑑定士から日本語教師になるまで。続き

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

前回までは。

前職鑑定士を辞めスペインに勉強しに来た私でしたが、

もう勉強したくないと、まさかの駄々っ子。

いきついた選択肢がインターンシップでしたが、

たいしてスペイン語が話せるわけではないので、ビジネスの世界で無能である現実を認識させられる。

 

f:id:ryo1192:20180107082003p:plain

インターンシップ・無能な私

インターンシップが始まり、スペインの一般企業・コンサルタント会社で働くこととなりました。

その会社のマーケティング部門で勉強させてもらうことに。

 

その会社は企業に対して講演会・リーダーシップ指導なども行う傍ら、委託されたホームページの集客アップなども行っていたため、前職・鑑定士をやりつつECサイトも手掛けることがあったので、マーケティング部門に採用されました。

 

しかし!!!

Googleの順位を上げる、ECサイトの取り扱う商品の詳細を書く。

f:id:ryo1192:20180107092156j:plain

といった業務がたいしてできるわけでもなく、毎日勉強勉強、添削添削の毎日。

申し訳ない申し訳ない申し訳ない。と思いつつも上司の方々は優しく指導していただき

 

もちろん、スペイン語は話せたほうがいいけど、君は勉強しに来たんだから、努力してくれればこれでいいんだよ

と優しい言葉。

しかし裏を取れば、

お前話せないから、仕事に対して支障の出ないその仕事をやって、勉強してな。

という意味でもある。

そして、後からきたインターシップの学生はガンガンクライアントに電話したり、責任のある仕事を任されていて

それを見ながら、無能。無能。無能・・・・の矢が毎日刺さる

(考えすぎですが、仕事に関してはがつがつやっていきたいタイプなので、悔しかった)

 

そんな仕事でも、学ぶことは沢山あり、

ビジネスメールの書き方や電話の際の決まり文句、ケータリングの手配・ホテルへの問い合わせなどなど

なかなか普通に学生してるだけではできない経験はできたので、よしと。

 

そんななか、友人からの一本の電話が。

 友人からの電話

一本の友人からの電話が今の仕事につながります。

 

うほ、日本語教師にならないか?

 

突然、日本語教師になりたい?との電話がスペイン人の友人からあり

全然興味はなかったけど、スペインで生きるため・スペイン語上達のための一つの手段なら・・・

と思い。

うん・・・

 

と返事をし、その友人を通して、日本語教師をしている人と連絡。

自分は学生であることやインターシップをしている状況などを伝えると

もう一度かけなおす。とのこと。

 

スペインで働くには、日本のように簡単にバイトが出来るわけではなく

労働ビザが必要になる。

 

学生ビザは基本的に働くことが出来ないので、労働ビザに切り替えなければならない。

その労働ビザは雇う会社がお金を払って申請しないといけない。

という難点がある。

申請しても、お金が結構かかるのと、申請した会社の信頼度や残高など多くの書類を提出し、審査されちょーーーーめんどくさい。

 

なので、学生ビザの学生が、面接しても

え、労働ビザもってないの??めんどくせ

と言って不採用になることが普通。

 

という流れで、あーダメか・・

f:id:ryo1192:20180107092426j:plain

と思っていたら、

 

再度電話があり、

 

他の学校も募集してて、条件が良かったら労働ビザの手配もしてくれるって!

とまさかの斡旋。

もしダメだったら、うちで違法に働いていいから、安心してね!

とさらに違法勧誘。

 

f:id:ryo1192:20180107092556j:plain

なんというスペインの労働環境・・・

と衝撃を受けつつも、連絡先を聞き、とりあえず面接し、速攻合格

この間まさかの2日間

ビザの問題も特に問題なし。

とりあえず学生ビザですでに延長してしまっていたので、

その間に手続きをしようと話し合いの結果に。

その間は週二十時間のアルバイトの申請を行い、働くスタイルということで、

思ってもいないとんとん拍子にことが進んでしまい、

紹介してくれた友人には感謝。

 

f:id:ryo1192:20180107092641j:plain

日本語教師生活スタート

20時間という事もあり、一応念のため、最初は範囲内でやろうとのことで、

午後だけ働き始めました(申請しただけ、正直なところネグロ)

スペイン語がうまく話せないのにも関わらず、多くの生徒を受け持つことになり、最初はてんわやんわ・・・・

知らない文法用語とか出てくるし、

あいうえおとか眠くなるし

まさかのレベルの高いクラスも何個も持つこととなり、

食べました

食べたんです

の違いを説明しなければならなかったり(日本語を教えたことなかった)

毎日必死で必死で日本語とスペイン語を勉強する毎日。

 

その間インターシップは続いていて、午前中一般企業で働き、

午後は日本語のダブルワークを行っていて、毎日ふらふら・・・・

これも修行のためや・・・

と必死に頑張り、無事インターン期間も終了し

まだビザの問題はありますが、日本語に専念することになり、今の生活に至ります。

 

こんな感じで、ふわふわした流れで、日本語教師になったので、日本の友達からは、

私が先生になることなんてあるんだね!とビックり。

というか私もビックリですけどねw

 

という流れで、鑑定士からスペインでの日本語教師になりました。

毎日わからないことだらけで、勉強の毎日ですが、まぁうまくいっている。のかな・・・?

とりあえず、ビザで問題が起きなければ最低でも3年は働くつもりです。

意外と教えるのが面白いのと、スペイン語の勉強にもなる。

 

2記事に分けて書いたので、長くなってしまいました。

読んでくれた方ありがとうございます。

自分語りにお付き合いいただきありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします。

コメント

  1. mitaddenaranja より:

    ツイッターであんまり流れると困るんでこっちにコメント。うちの夫も日本に来てスペイン語教師。生物学専攻だったんだけど、仕事なくて。でもいい先生だったからあっという間に外務省専属になって、浩宮様のスペイン教師選択の時も最後の二人に選ばれました。日本語できません。スペイン語はスペイン語で、教えるが基本で、そのほうがよく理解できます。それだと、スペイン語覚えられないとショックを受けたかもしれないけど、授業は日本語でそのあと生徒と日本文化について話しましょう。

タイトルとURLをコピーしました