ブロガーはGoogleドキュメントの音声入力がオススメな3つの理由

ブログ

ブログを続けて2年となりましたが

2年目にして音声入力が神レベルだと気づき、もはや音声入力以外では執筆できないぐらいまでになってきております。

こんな人向け
こんな人向け

音声入力って声でブログ書くってこと?

精度低いから無理でしょ

ブログはタイピングしてなんぼ!

という方のために音声入力のすばらしさを存分にご紹介していきます。

スポンサーリンク

Googleドキュメント音声入力が神レベルな理由を3つ

でも、私も。。。

正直今までブログはキーボードで入力しておりそのためiPadを利用して外付けキーボードを購入し使っていました。

キーボード入力にこだわり続けていましたが、ある時から音声入力を試してみると

これがとてもはかどり

なにこれ!!超便利なんだけど!!と。

もうキーボード入力には戻れない領域に達してしまいました

今回は音声入力が神レベルな理由を3つご紹介したいと思います

キーボードで入力するよりも音声で入力したほうがはるかに早い

以前までは音声入力と言うと

全くちんぷんかんぷんな日本語が入力されていましたが、

現在では旺盛入力の質が向上しています

Googleドキュメントの音声入力を利用するとほぼ正確な日本語を話した言葉を入力して入力することができます

このブログも音声入力で書いたものになります

キーボード入力になるとパソコン携帯など場所が限られてしまいますし、携帯で入力するとなると早い人でもフリック入力ができると言えど、音声入力には全然かないません

事実、恥ずかしいですが私はこの記事を今公園で歩きながら1人でぶつぶつ言いながら音声入力をしています。

スペインの公園でアジア人がぶつぶつ言いながら音声入力している光景はなかなかシュールですが、このように場所にとらわれず

なおかつ音声入力はキーボード入力よりも格段に速いスピードでブログを執筆できることができます

言葉に発することで考えをまとめて言うことができる

ブログを書いていると陥ってしまうことがあります

それは、結局何が言いたいのか。最初に言っている事と最後に言っていることが全然違う。

と言う問題があります。

友達と話していて楽しくなっちゃって、あれ?結局何の話だっけ?って場面ありませんか?

これがブログを書いている時も起こってしまうのです。

キーボードで書いていくと徐々にキーボード入力のスピードが上がり、思いついたことがすぐ指が動くようになります。

初心者ではなかなか難しいかもしれませんが、思いついたことをキーボード入力し慣れた故の問題点になります。

ブログを書き慣れていくと必ずこの問題に陥ります。

あれを書こう。これを書こうと思い、ひたすら手を動かし続けると脳が活性化し何でも出来るような、いわばトランス状態に入る時があります。

そうなってしまったら最後、ブログ書き始めと最後が全く異なり、何を書いているのか分からなくなってしまいます。

しかし、音声入力は、一旦言いたいことの要点をまとめなければならないので、キーボード入力する時であれば、書いた文字をいちど消しては書き直し、書き直しの何度も繰り返さなければなりません。

音声入力であれば一度声に出しそれをスマホやマイクなどのデバイスに入力する必要がありますから、一度、休憩・一呼吸おいてことで、話したいことをまとめることができます。

恥ずかしいという音声入力のデメリット

ここで一応デメリットもあることをお伝えしておきます。

それは一人でいるにもかかわらず、慣れていないと恥ずかしい。という点です。

キーボード入力に慣れた人にとって、音声入力で執筆すると、結構恥ずかしいです。

音声入力は全て完璧ではないため話したことが100%完璧に入力されるわけではなく

音声デバイスが聞き取りやすいようにハキハキとした言葉で話ゆっくり文体ごとに話さなければならないため要点をまとめながら音声入力をすることができる一方で、その話し方がいつも話している話し方ではないので、ちょっと恥ずかしくなる時があります。

しかし、その恥ずかしさを克服できれば

何を話したいか何を音声入力したいかを考えながら話すことができしっかりとした記事が書けるかと思います。

これは慣れるまで大変ですが慣れると考えながら話すと言うスキルが身に付き、音声入力ができるようになっていきます

恥ずかしいのを堪えて、まずはちょっとずつワンフレーズ・ワンフレーズ慣れていきながら音声入力をしてみてください。

AirPodは最強セット

コードレスのイヤフォンAirPodは実はマイクも付いているんです。

知っている人は何言ってんだよ。と思うかもしれませんが、意外と使わないとわからない機能だったりします。

コードがなく、マイクも内蔵ですので、マイクの位置や口との距離なども考える必要はなく

耳からマイクを使用し声を聴き取っているので、精度も高いです。神です。

ですので、手ぶらでグーグルドキュメントを開いたまま音声入力しながら散歩する何てこともできちゃうわけです。

恥ずかしいならマスクしちゃえば?

現在コロナウィルスでマスクの着用が実付けられていますが、私が住むスペインではマスクをしないと外に出てはいけません。

そこで気付いたのですが、

音声入力となると話す必要があるので口を動かさなければなりませんが、マスクをすれば口を動かしている素振りが周りからは見えず、なおかつマスクをしているため声が広がりにくく

よっぽど近づかない限りは話している素振りは全く判らないので、恥ずかしくない!バレない!

もちろんマスクをすると喋りづらい息苦しいなどありますが

使い捨てのマスクを使用すればしてればいいだけですし、洗濯可能なマスクであれば選択すれば良いかと思います

スマフォなどのマイクを使用して録音すると、マスクの上からマイクを聞き取っている状態になるので

音声入力の精度も格段に下がってしまいますが、AirPodなら話してることが直接、音声入力に届くのでマジでオススメです。

マスクでしゃべっている様子を見られず、AirPodで精度の良い音声入力をするこれは最強のセットかと思います

【グーグルドキュメント】音声入力の仕方

グーグルドキュメントで音声入力の仕方を説明します。

キーボードの右下にあるマイクボタンを押すと

波長が出てきますので、この状態で音声を入力することが出来ます。

PCでグーグルドキュメントの音声入力の仕方-iPhone-

ちなみにPCであれば以下の通りです。

グーグルドキュメントを開くと「ツール」➡「音声入力」をクリックします

マイクウィンドウが出てきますので、好きな言語を選択しマイクボタンを押すと音声入力がスタートしますので、好きなように話してみてください

入力するとこんな感じ

編集時の音声入力のデメリット

音声入力のデメリット

音声入力をするメリットを上げましたが、デメリットもあります。

それは音声入力では文字を削除したり記号などを使用することができない点です。

そのため間違えたことを話してしまった場合、手作業で消す必要があります。

しかし、音声入力のメリットは全体像をすぐに執筆できるので、間違えた部分や小さな部分は

入力した後にパソコンや携帯などで手作業で編集すれば、全く問題ないです。

むしろそのほうが効率がとても良いです

まとめ

音声入力をすればキーボードで入力するより格段にスピードが上がり、ブログ執筆スピードも段違いです。

近年音声入力の精度も上がっているので、場所にとらわれずマスク+AirPodsを使用すれば、人目を気にせず音声入力でブログを執筆することができます。

是非挑戦してみてください。

その他、海外在住者向けの記事を書いていますので、ブログやTwitterをフォローしていただけるとうれしいです

それではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました